御廟山(ごびょうやま)古墳 <堺市北区>世界文化遺産 百舌鳥古墳群

2019年5月16日(木)の堺市散策

世界文化遺産 百舌鳥古墳群の一つ「御廟山(ごびょうやま)古墳」を散策しました。

御廟山(ごびょうやま)古墳

百舌鳥古墳群のほぼ中央、大仙陵古墳の南東に位置する前方部を西に向けた前方後円墳です( ´︶`)
墳丘長約203メートルで、百舌鳥古墳群では4番目の大きさです(*゚∀゚)!!
築造時期は5世紀前半で、築造時は二重の周濠をもつ古墳であったようです(^-^)
墳丘は3段に築かれていて、南側のくびれ部には造出しがあります(^^)
陵墓参考地として宮内庁が管理しています。

スペっぷYouTube

墳丘の周りには御廟池と呼ばれる盾形の濠と堤が残り、国史跡に指定されています。
かつてはその外側にも濠が巡らされていましたが、現在は埋まってしまって痕跡を見ることはできませんm(*_ _)m

アクセス
JR阪和線「百舌鳥駅」下車 徒歩約5分

御廟山古墳 堺観光ガイド
御廟山古墳内濠 堺市ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>