水木しげるロード<鳥取 境港>

これは鳥取の境港にある、水木しげるロードに行ったときの写真です★

境港駅(鬼太郎駅)
境港駅に着くまでいろんな駅があるんですが、その駅1つ1つに妖怪の名前の駅がついているんです★
ここ境港駅は最終駅なんで、やっぱり主役の鬼太郎駅なんですね(^◇^)
妖怪電車1
みなさん、こういう妖怪電車知っています??
これはねずみ男の絵が描かれていますが、鬼太郎の電車も新しく作られ今では4種類の妖怪電車が走っています(●^o^●)
妖怪電車2
中にもこんな感じで、電車のキャラクターがたくさん(●^o^●)
ただ、電車なのに一両だけしかないんです(^u^)
駅の銅像
電車を待つ駅にもたくさんのキャラクターの銅像が建っています★
境港駅到着(^u^)
境港駅到着(^u^)
銅像2
駅を降りてみるとさっそく・・・
水木しげる先生と鬼太郎とねずみ男を発見!!
銅像3
こっちには楽しそうに遊ぶ妖怪達(*^_^*)
銅像じゃない・・・おやじ
こっちは・・・
目玉のおやじが先に($・・)/~~~www

トイレの看板
おもしろいもの発見!!
すごい!!
ここはトイレの看板まで妖怪のキャラがいてるんですね(^◇^)w

妖怪達の公園
少し歩いてみると・・・
公園で遊んでいる妖怪達を発見(^◇^)
時間がたつと、霧が噴くようになっています(^u^)

公園の椅子1
公園に置いてある椅子なんですが・・・

妖怪の椅子2
たくさんの妖怪の絵が描かれています(●^o^●)
が!!
椅子なのに座りにくい((+_+))
妖怪達の上に座るなんて(@_@;)

お店紹介1
もう少し歩くと、ちょっとした食べ物屋さんが(^◇^)

妖怪バーガー
ここでは変わった食べ物が売られていました★
ぬりかべびっくりバーガーw
他にもあるんですが、これが一番気になったので1つお買い上げ(^◇^)

ぬりかべびっくりバーガー
うん、見本よりもかなりでかいwww
ほんとにぬりかべが入ってるよぉ(@_@;)

生作品!!
水木しげるロードにはたくさんのお店がならんでいるんですが、その1つにこんな生作品が保管されていました★
本物の原稿を見れるなんて(@_@;)

妖怪神社
こんな神社を発見!!
その名も妖怪神社★

妖怪神社の目玉おやじ
入口では目玉おやじがくるくる回っていますw

御身体の目玉石
何の石だろうと見てみると、御身体の目玉石と書かれていて、説明も載っていました★

この石は御身体設置のとき突然ポロリとめくれ落ちたものです。
その箇所は建立するまえに水木しげる先生が御身体の石の絵を見られ「この石に目玉をつけたらいい」といわれた、まさにその部分でした。
この不思議な出来事に、はがれたこの石を目玉石と名付けました。

道の銅像
これは水木しげるロードを歩くとたくさん見つける銅像です(@_@;)
種類は数知れず・・・

銅像の名前
名前がわからなくても大丈夫!!
こんな感じに1つ1つ名前が書いてあるんです(^◇^)
なるべくたくさん見つけてみてください(^◇^)

妖怪楽園
休憩にはココ★
妖怪楽園がおススメです(^◇^)

妖怪楽園のお店
このお店で売られている飲み物が人気なんです★

鬼太郎ドリンク
3種類あるんですが、あきは鬼太郎を頼みました(^◇^)
ココアパウダーで描かれているんですね(●^o^●)
飲むのがもったいないですが、飲んでもなかなか崩れないんです(^◇^)

いったんもめんと記念写真★
いったんもめんに乗れる機会があったので、ここで記念写真(^◇^)

鬼太郎のお父さん
そして最後に水木しげる記念館に寄って来たのですが、そこで得たプチ情報を(^◇^)
この人はみんなが知っている、目玉おやじが目玉だけになってしまう前の姿です★
今まで、鬼太郎の片目やと思っていました(@_@;)

鬼太郎のお母さん
この鬼太郎のお母さんも初めて見ました★

鬼太郎の育て親
この人が鬼太郎の育て親かぁ。
知らなかったことがたくさん!!

鬼太郎の奥さん
鬼太郎の奥さんなんて初耳!!
結婚してたんや!!
というか子供じゃなかったの!?w

鬼太郎の妹
そしてこの子は、鬼太郎の妹!!

墓地に捨てられていたところをねずみ男に拾われる。
なぜか血統書とエンマ大王の保証書がそえられていた。
鬼太郎の妹らしく念力を使う超能力をもつ。
らしいです(^◇^)

この他にもいろんなキャラクターの情報満載なので、是非行ってみてください(●^o^●)

鳥取砂丘

鳥取散策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>