あきのお店訪問!米田畳店 <大阪 堺市>

 今回は、米田畳店さんにおじゃまさせてもらいました。

畳の中身
畳床(たたみとこ)は、今はわらじゃなくてボードを使用するのが多くなっています。


畳の見本
これは、畳の見本です。


畳の色見本
この見本はピンクと青ですけど、黒や他の色もあります。


畳床(たたみとこ)
畳床(たたみとこ)は、現在ではワラ床以外に、いろいろ種類があります。
この写真は2型と言って、タタミボードと発泡スチロールをかさねたものです。
ボードとボードの間に発泡スチロールを挟んだものは、3型と言います。


畳裏
畳をひっくり返して裏側から見たところです。
普段見る機会なんてないですよね。


作業
畳を作っている場面を見せてもらいました。畳表の材料はいぐさです。

古くなった、畳を替えるのに3種類あるんです。

1.裏返し : 作って3から5年くらいで、裏が使えるならひっくり返してまたつける。
2.表替え : 畳床はそのまま使用し、畳表だけを取り替えること。
3.全部替え : 畳その物を替える。かまち巻き行程

表部分を畳に張りつけている所です。
短い辺の部分を框(かまち)といい、框(かまち)巻き行程と言います。


へりつけ行程
畳の長い方の辺に付ける布を畳縁(たたみへり)といい、へりつけ行程と言います。


米田さんとあき
最初は畳店で何を取材したらいいのかわからなかったんですけど、話を聞いてたら知らないことばかりだったのですごく楽しかったです。
あきは、もともと畳が好きだったんですけど、今回訪問させていただいて畳の良さがよりわかりました。なんといっても落ち着きますよね。やっぱり畳の部屋は必要ですね。
ありがとうございました。


米田畳店へ
TEL:072-237-3508


地図

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>