あきのお店訪問! 上中米穀店 <大阪 堺市>

今回は、こだわりのお米を配達してくれる「上中米穀店」さんにおじゃましました。
場所は、深井清水町にあるソフィア・堺の近くです。

あきの上中米穀店散策
お店の倉庫には、茶色の袋につめられた玄米がたくさん積まれています。
あきは、このような袋は見たことがありませんでした。

あきの上中米穀店散策
次に、この機械で玄米を精米します。

あきの上中米穀店散策
そして精米されたお米を袋に詰め・・・

あきの上中米穀店散策
あきの右側にある機械で袋を閉じて完成です!!

あきの上中米穀店散策
この表には名前の通り、天明からのお米一俵の値段が綴られています。
お米1俵(ひょう)というのは、1つの米俵(こめだわら)に入るお米の量を表していて、明治時代後期に、1俵は4斗(と)と全国的に統一されたようです。
1俵=4斗=約60kgということになります。 メモメモ。。。勉強になります。

米価格表
天明元年 金17銭から昭和55年(大平内閣) 1万7千9百円までかかれてあります。
あきには、時代背景がよくわからないのですが、価格の変化がよくわかりました。

あきの上中米穀店散策
こしひかりの中でも南魚沼産が一番高級なお米らしいです。同じこしひかりなのに、実は色々あるんですね。
でも、実際にどこのこしひかりか味がわかる人は少ないらしいですよ。

今回、上中米穀店さんにおじゃまして、全く知らなかったお米のことがたくさんわかりました。
オーナーの上中さんは、ほんとにやさしく親切で、あきにいろいろ説明してくれました。
ほんとにありがとうございました。

後、同じ袋のお米でも、スーパーで売ってる物より、精米したてで新鮮なことも知ったので、お米を買うときはおじゃまします★
もちろん電話したら配達してくれますよ。
やっぱりお米は、いろいろお話してもらえる安心なお米屋さんがいいですね。

上中米穀店
[TEL] 072-277-6363

地図

by あき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>